meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" /> 膵臓癌と診断され びわの葉温灸を試みる

2014年03月22日

癌 再検査

早期発見でラッキーといわれても嬉しくない。

「膵臓癌はほぼ間違いないと思いますが、さらにERCP検査をします」内視鏡を十二指腸まで入れそこから細いチューブを膵管に入れる検査。CTやMRIより更に微細な病変が判断できるらしい。

唯この検査は急性膵炎などを併発する可能性もあり、それに対応できるよう入院が必要とのこと。

入院予定は5日後。どんどん進むなあ。
【関連する記事】
posted by 太郎じいじ at 16:00| Comment(0) | 内視鏡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

癌検査 その3

先日の検査、検査に引き続きMRI検査。予約済みなので直接検査室へ。
その前に肺機能検査をしたが、何の為かは不明。MRI検査もCT検査と同じトンネル状の筒に入る。

注射した造影剤に鉄分が入っているので、磁場を利用したMRIの方が映像がより鮮明になるらしい。注射のせいで体が一瞬熱くなる。器械がトンネルの筒のところでゴーと回転している。

10分位で終了、そのあと消化器内科へ。今日は先日の外科の先生ではなく内科の先生。すでに検査結果の入っているパソコンを見ながら「膵臓癌ですね。これほどの早期発見は非常に珍しい。手術出来ます、ラッキーですね。膵臓癌は発見が難しく気がついたときは手遅れで手術できないケースが多いんです。」

 ラッキー?
posted by 太郎じいじ at 19:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

癌検査

さあ午後から検査開始。地下1階から1階、2階へと忙しい。

検査内容・・・採決 レントゲン CT 超音波 心電図 

これだけの検査をしても、思ったほど時間はかからなかった。患者は多いがそれぞれの検査室が複数あるのでそれほど待たない。さすが大学病院。検査後、先ほどの先生の診断。

もう検査結果が先生の前のパソコンに入っている。画面を見ながら「膵臓に影があるが、いまひとつはっきりしないのでMRI検査をしましょう」ということで2日後にMRI検査が決定。やることが早い。

支払いを済ませ駐車場(病院の敷地外)でたばこを一服。
posted by 太郎じいじ at 13:01| Comment(0) | 癌検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

癌検査

診察室へ入ると精悍そうな外科の先生だった。いきなり外科?。内科の受付だったのに。

先生「前の病院からどう言われました」
私 「精密検査の結果、更なる処置が必要となった場合その病院では対応出来ないからと言ってこちらを紹介すると」
先生「紹介状に膵臓癌の疑いありと書いてます。紹介状の写真は小さくてよく分からないので改めて検査します。たばこは今すぐ止めてください。手術出来ませんから」

えっ、手術決定?

先生が看護師さんに指示、午後から検査、検査。さすが大学病院、何日も待つ必要なし。即検査できる。
posted by 太郎じいじ at 17:08| Comment(0) | 癌検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

癌もどき その6

総合病院の紹介状をもらってからほぼ1ヵ月、大学病院へ行った。
中に入ると受付の広いこと、天井の高いこと、ホテルみたいなカウンターも診療受付と支払い受付に分かれている。人があふれている。
紹介状のある人の列に並んだ。それほど待たなくてすんだ、この大病院でも紹介状なしで来る人もいる。

発行されたICカードを持って消化器内科受付をすませ待合室へ。わあ、すごい人。診療室も10室ほどある。各部屋の入り口に受付番号が順番に電光表示される。2時間ほど待っていよいよ自分の番。

さあ、どうなる。
posted by 太郎じいじ at 18:22| Comment(0) | 癌かも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする