meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" /> びわの葉温灸: 膵臓癌と診断され びわの葉温灸を試みる

2014年06月04日

びわの葉温灸

びわの葉温灸とは
びわの生葉の上に、さらしと厚手の紙を重ねその上から、
棒状のもぐさを置き、腹部と背中の部分に軽くあてます。

びわの葉にアミグダリンという成分があり、これが熱によって、
体の中にしみこみ、細胞を活性化し血液を浄化するそうです。

手術を拒否したからには、なんでもやります。
具体的にこの療法を施術してくれる鍼灸院をネットで調査。
電車で30分くらいの所にありました。
早速予約をいれました。
ただこの方法は妻の協力なしではできません。(1人でできる用具もあるようですが)
妻と一緒に出かけることになりました。

ラベル:びわの葉温灸
posted by 太郎じいじ at 18:04| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: