meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" /> 癌検査 その3: 膵臓癌と診断され びわの葉温灸を試みる

2014年03月21日

癌検査 その3

先日の検査、検査に引き続きMRI検査。予約済みなので直接検査室へ。
その前に肺機能検査をしたが、何の為かは不明。MRI検査もCT検査と同じトンネル状の筒に入る。

注射した造影剤に鉄分が入っているので、磁場を利用したMRIの方が映像がより鮮明になるらしい。注射のせいで体が一瞬熱くなる。器械がトンネルの筒のところでゴーと回転している。

10分位で終了、そのあと消化器内科へ。今日は先日の外科の先生ではなく内科の先生。すでに検査結果の入っているパソコンを見ながら「膵臓癌ですね。これほどの早期発見は非常に珍しい。手術出来ます、ラッキーですね。膵臓癌は発見が難しく気がついたときは手遅れで手術できないケースが多いんです。」

 ラッキー?
posted by 太郎じいじ at 19:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: